HAIR SALON

CLOVER

8 23 ,2018

ある暑いお休みの日に…

下赤塚の美容室クローバーの小野浩正です。

今回は、髪の事は一切書かないブログです。

なので“髪の病院”や“髪のスペシャリスト”的なものを

期待して頂いた人は、

過去のブログ読んで下さいね。

 

ある日、僕の愛車のスピードメーターが動かなくなりました。

KVID2192

SNS上で色々と識者の方々に相談をしながら、原因はとあるセンサーか発電機のようだとなり、メンテナンスをお願いしているショップに行くようにしました。

発電機って言ったって、ハイブリッド車ではありません。

車齢20年近くにもなる車です。

車ってのはガソリンで動いているイメージですが、電気も必要なんです。

エンジンをかける時のエンジンを回す動力や、ガソリンを燃焼させるのは電気で火花を飛ばすんです。

エアコンもナビも、オーディオを動かすのだって、電気を使います。

その電気を貯めるのがバッテリーってヤツです。

バッテリーの電気も使いっぱなしだと、直ぐに切れてしまいます。電池切れってヤツ。

なので、エンジンの動いている動力を利用してバッテリーに発電機で電気を作って貯めるようにしています。

 

お休みの日にショップに向けて出発。

自宅からは約50km の道のりです。

高速道路に乗りました。

2km 程走った所でエンジンが止まりました…。

幸い、そこそこスピードを上げていたので、惰性で路肩までたどり着きました。

後ろに車の停止を知らせる為にハザードを点けました。

…点きません。

電力がありません。

バッテリーが逝っています。

発電機が逝っていたので、バッテリーに電力供給がされていなかったのです。

ハイウェイパトロールとJAFに電話します。

ハイウェイパトロールの人からお水を頂きました。

この時、路肩に車を停め、柵の外で待つように言われました。追突事故が多いんですって。

「救助到着まで約1.5時間かかります~」

って言われたけど、50分くらいで来てくれました。

 


レッカーされて自宅に引き返しました…。

あぁ…、高速で止まったの初めてだったからビックリしました。

その後、修理屋さんで発電機を交換してもらい、今は絶好調です‼️

HOMEに戻る

RESERVATION

ご予約