HAIR SALON

CLOVER

9 7 ,2018

髪の構造

下赤塚の美容室クローバーの小野浩正です。

今回は髪の構造のお話。

 

髪は、1本の糸状の物体です。

糸状の…と言っても、縦の糸はあなたで、横の糸は私…って感じではありません。

髪を輪切りにすると、3層構造になっています。
そう、それを例えるならば“お寿司の太巻き(細巻き)”のような構造です。

美味しそう…。

表面に“海苔”が巻いてありますね。

これは、髪の構造にあてはめると

「キューティクル」です。

実際には“海苔が1枚巻いてある”って感じではなく、“短く細かく切れちゃった海苔を4~5枚貼り付けている”感じです。

 

中味の“お米”。

これは髪で言うと、

「コルテックス」といいます。

ケラチンというたんぱく質が主な成分です。その米粒と米粒の間には米の粘り気成分「マトリックス」やごまのような「メラニン色素」があります。

マトリックスやナンチャラフィブリルって、細かく言うといろいろあるのですが、ここには書きません。

我々美容師が分かっていれば良い所なので。ここの状態をイメージしながら施術をします。

最近ボディーソープで「ラメラを守る」なんていうのを見ました。このラメラ(ラメラ構造)、お肌はもちろん、髪にもあるんです。

ラメラの事は、リクエストがあれば書きます。

 

そして真ん中の“具”ですが、これは

「メデュラ」といいます。

髪の中心にあるメデュラは、やわらかなタンパク質が主成分で、外的な刺激で空洞ができやすいのが特徴です。ここに空洞がたくさんあると、透過する光が散乱して、髪が白っぽく色褪せて見えることがわかってきました。でもまだ謎多き場所なんですって。

 

・・・今回はここまで。

ご来店頂いた時に髪の状態をご説明する時は、「太巻」(細巻きの方が実際には近いかな?)でお伝えしています。

 

今度はこの構造を踏まえたうえで、「ダメージした髪の状態」や等のお話をしていきますね。

 

HOMEに戻る

RESERVATION

ご予約